プロフィール

スタッフ

料理の道、約50年の1代目父の後を継ぎ、2代目として精進しております。
料理を食べて、帰られるお客様が、笑顔で感動した、美味しかった、また来るね!って料理を通して、感動と喜びを提供していきたいです。

最近のコメント

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

雑記(その他) Feed

2008年10月30日 (木)

ビール??

よくいろんな席でビールbeerは飲まれています。

メーカーも違えば、種類も違い、様々ですよね。


で、たまにこんな声を聞くことがあります。

「生ビールと瓶ビールって、どう違うの?」


知ってる人にしてみれば、たいした疑問ではないかも
しれないですが、私同様、お酒に強くない、日頃飲まない人にとっては、
ちょっとした疑問ですよね!


そこで今日はビールについて、少し触れてみたいかとsign01


大まかに、ビールは麦芽の煮汁にホップ(苦味のもと)を入れ、酵母菌を
入れることによって、発酵させてつくる。


酵母菌は、麦芽の中の糖と反応し、炭酸ガスとアルコールをつくりだし、
タンクの中で炭酸ガスが逃げないようにすると、炭酸ガスが液体に
また溶け込み、ビールの泡となってくる。


じゃあ、生ビール、 瓶&カンのビール、 瓶&カンの生ビール の違い
は、どうなの?ってことですよね。


簡単には
一般にビールサーバーから入れる生ビールは、酵母菌がまだビールの中にいる状態です。

瓶やカンのビールは、酵母菌がビール内にいる状態だと、常温になると
酵母菌が死んだり、アルコール度数が変化したりして味が変わるので、
先に低温加熱、加熱処理して酵母菌を殺してるのです。


瓶やカンでも生ビールと書いている商品がありますが、これは、珪藻土を
用いて、ビール内の酵母菌だけを取り除き、熱処理をしない生のビールの
ままということです。

豆知識
なぜビールに麦ではなく、麦芽を使うのか!

ビールは酵母菌が糖と反応してつくられてくるのだけれど、
麦には糖分はなく、でんぷんでできており、使用できない。

しかし、麦が芽を出す時、糖が作り出されるので、麦芽を使用するのです。

と認識してる範囲で触れてみましたhappy01


               認識不足のところがあれば、すいませんwobbly


2008年10月11日 (土)

大阪で食を楽しんで!!

うれしいことがup

ご予約のお客さまが、なんと、長野からお越しいただきました!!


全国からうちの店を目掛けて来ていただいており、
ほんとうにありがたいです(喜)。

大阪のイメージというと、たこ焼き、お好み焼き、・・・

という印象が強いようですが、


なんのなんの、大阪こそ、冬はふぐ・夏は鱧 が盛んで、

    多くのシェアを生んでいますrestaurant

今日は天然とらふぐについて、少しお話をflair

天然ふぐは、天候によって大きく左右され、海が時化る(しける)と、
数日品物はなくなり、価格もすぐに高騰してしまいます。

今月始めに、天候も悪く、天然ふぐが捕れないなんてこともありました。


天然物自体、普段から希少価値で、さらに、自ら選び抜いたふぐを
扱うので、天候とは にらめっこ ですねeye


 

天然ふぐ・はも 美津富 のサービス一覧

天然ふぐ・はも 美津富